*

ご宿泊者に追想(コピー版)をプレゼント

このブログのベースとなっている、自費製作した『追想』のコピー版を、ある京都の中学の先生のご好意により、コテージキクタにご宿泊するご希望のお客様にプレゼントします。

その先生とのおつき合いは、コテージ開業当時、大学生だった息子さんと、ご宿泊頂いた時からです。

その時、コテージに置いていた『追想』を貸して頂きたい、との申し出があり貸出しました。
その結果、先生だけでなく、ご家族含めて『追想』の反響が大きく、その後、高校生の娘さんと再来したり、 奥様が単独でご宿泊したりと、ご家族ぐるみでお世話になっています。

その先生が、昨年(2015年)の夏、再会の際に、
『私の様に帰ってゆっくり読みたい方に提供してください。』
と、明らかに印刷業者さんに注文したと思われる、『追想のコピー版』80冊を置いてくれました。

そこで、先生のご好意に甘え、コテージキクタにご宿泊するお客様のなかで、お持ち帰り希望の方にプレゼントします 。

ブログとは異なり、個人情報や会社に関する多くの部分を編集や削除する前の原稿そのものです。

 

私はじめ、被災地の人たちは、被災地以外の方々に是非、来てもらいたいのです。

ボランティアや被災地視察や支援など固苦しい趣旨だけでなく、普通の旅行感覚で被災地以外と同じ様に接してもらいたいのです。
復活してきた自然を満喫したり、家族・グループで楽しい思い出づくりしたり、そのような思い出の中の一つとして、震災に関して何か感じて頂ければいいのです。

『追想』はそのような思い出の一つとして、これからの皆様の生活に多少なりとも役立つスパイス的な存在になってもらいたいと思っています。

詳細はコテージキクタのホームページへ

 

スポンサードリンク

関連記事

no image

私の家族(7) 母の死亡確認

最後に発見された母の時まで、何体の遺体の顔写真をみたことか・・・。 きれいなままの顔もあれば、

記事を読む

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じることは、残された家族・親族との絆

記事を読む

no image

3月13日の行動(1) 安否確認

大震災から3日目(日曜日)の朝になりました。 翌朝には実家でアンテナが立っていた唯一の庭先の場所は

記事を読む

no image

3/17~31の活動(4) システム対応

大震災以前は、関東の事業所に設置してある、コンピュータシステム(販売管理及び生産管理システム)に、工

記事を読む

no image

生産再開へ(3) 電気と水道の復旧

3月は年度末対応として、工場は製品在庫品の出荷、及び、可能な範囲での製品及びパーツの組立に注力してい

記事を読む

no image

支援物資(6) タイミングと目的

“他の人だけでなく被災者も考えつかない、でも被災者には必要なもの” “提供するタイミングで支援

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(4) 私のこころ-2

震災当時は、まだ19歳でした。 5月に20歳の誕生日を迎えた時、初めて誕生日なんていらないと思いま

記事を読む

no image

支援物資(3) 衣食住の衣

支援物資を何にするか?を考える場合、“衣食住”に分けられる。 提供受けた側の経験談として、 “

記事を読む

no image

3月12日の行動(1) 工場内の確認

ほとんど眠ることはできず翌朝(土曜日)になりました。 まず、私が行った行動は、明るくなってきた

記事を読む

家族からのメッセージ(3) 私のこころ-1

3月の震災から1年が経とうとしています。 この1年、あっという間に過ぎて行った気がします。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

no image
時間をかけてはいけない罹災証明書

元旦に発生した能登半島地震の被災者のために、震災を体験し、被災者(自宅

no image
時間が解決してくれる(再建)

元旦に発生した能登半島地震の災害ニュースを見る度に、東日本大震災時の状

no image
時間でしか解決しないことがある(避難・仮設住宅)

元旦に発生した能登半島地震の災害ニュースを見る度に心が痛みますが、13

no image
時間でしか解決しないことがある(こころ)

東日本大震災から13年が経とうとしています。 震災から5年後には

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

→もっと見る

PAGE TOP ↑