*

私の家族(6) 女房の死亡届・火葬

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 東日本大震災体験談, 私の家族

父の死亡届で経験していますので、女房の時はスムーズでした。

この時にはスクーターが届いており、ガソリンが貴重な時期に有効活用させて頂きました。
(但し、市役所-工場間の活用は非常に寒かったです)

手続きの最後の方になり、火葬の予約について、予想通り、土葬を勧められますが、冷静にお断りし、一番日程が近い火葬場を確認してもらい、また、一関(釣山)か~、と思ったら、

『千厩で4/6 15:00~です。』

の返答、“釣山は?”と確認したところ、

『釣山も同じ日です。』

との返答に、

『それでは千厩で予約お願いします』

との手続きになったのです。

3/24の届けで4/6か~。
早くに見つけて届出していれば・・・、と女房には申し訳なかったのですが、千厩での火葬になったことは、女房の最後の “わがまま” だったのかも知れません。

千厩は合併して一関市になりましたが、以前は一関と気仙沼の中間に位置する “千厩町” でした。

私が高専卒業し、工場に入社するまでの3年間は千厩町にある電気メーカー〇〇系列の会社に入社し、既にそこに入社していた女房に出会いました。

女房は結婚してからも、その会社で働き、昨年の会社(事業所)の閉鎖になるまで勤め上げ、ギリギリまで失業保険をもらい、この4月に私の扶養になる予定でした。
これからゆっくり、成長する子供たちを一番の楽しみにしていた矢先でした。

3歳年上の “姉さん女房” だったのですが、バカ息子は家業を継がないのに、
“漁師町特有の亭主関白ぶり”
を徹し、仕事以外何もしない、何も出来ないバカ亭主には、
“出来すぎた女房” でした。

今では考えられないことだと思いますが、当時、女房が年上だったことだけで、特に母には大反対を受け、無理矢理結婚した経緯があります。

その後、母は妹に言ってたらしいですが、バカ息子が一番でかしたことは、より子を女房にしたこと、と話していたそうです。
(私としては嫁姑の間で大変な時も多々ありましたが・・)

口数が少ないぶっきらぼうな私とは正反対で、いつも明るくみんなに接し、友達は多く、地域(特に婦人部)にとけ込み、私にとっては申し分ない女房でした。

父の火葬時とは異なり、千厩での火葬は、口コミで女房の死亡、火葬日程が広まり、家族・親戚・親類だけでなく、小中学生時の同級生、勤め上げた元会社の同僚・上司、私の同級生等、多くの方々に見守られて旅立ちました。

それまで毅然として涙を見せなかった息子が、最後のお別れ時点で堪えきれず涙していたことが印象的で、喪主の挨拶としては、3人の中で一番辛かった火葬でした。

私の家族(7) 母の死亡確認 につづく

スポンサードリンク

関連記事

no image

3月11日の出来事(6) 避難場所での一夜

3月11日に戻ります。 暗くなり、小雪が舞うきびしい寒さ、断続的に余震が続く中、当工場の非難場

記事を読む

no image

3月16日の行動(2) 生死の境

家庭・生活面においても、この日はターニングポイントでした。 私にある決意をさせることになるので

記事を読む

家族からのメッセージ(1) 

『追想』を自費製作するにあたり、残された家族からのメッセージを添えることにしました。 追想は一

記事を読む

no image

3/17~31の活動(4) システム対応

大震災以前は、関東の事業所に設置してある、コンピュータシステム(販売管理及び生産管理システム)に、工

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(10) お元気ですか?-2

より子お姉ちゃん、膝の調子はどうですか? 無理をしていませんか? 愛犬チーズはおりこうさんにして

記事を読む

no image

生産再開へ(7) 体制の変化

プロジェクト・分科会の体制・メンバーは生産再開・災害復旧の内外的な変動に伴い、刻々と変化していきまし

記事を読む

no image

3月11日の出来事(4) 携帯電話と電気

時間が経つにつれ、周りが暗くなってきている中で、携帯電話がつながらない新たな問題に直面してきたのです

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(5) 家族のつながり

目を閉じれば そこには懐かしい故郷の景色、幼い頃の楽しかった思い出。 そして優しかった父、母、

記事を読む

no image

3月15日の行動(2) 戦場の中の様な

自宅付近を確認後、次に目指したのは気仙沼市内にある病院です。 国道45号線に平行する山沿いの農道を

記事を読む

no image

生産再開へ(4) 工業用水と通勤

沢水の摂取場所(水量との関係)と水質の関係を調査し、加工工程の工業用水として使用することができるか?

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑