*

3月12日の行動(3) 震災翌日、自宅へ・・・

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 3月12日の行動, 東日本大震災体験談

自分の目で確かめるしかない!

車でどこまで行けるか分からなかったし、避難所の中学校から自宅までは1.5Km位の距離なので、徒歩で向かうことにしました。

途中、近所で仕出し料理を営んでいる同級生に合い、家族は中学校に避難し無事だったが、自宅も店も流され、跡形もないという話を聞きながら、国道を横切り、岩井崎(吹き上げ岩で有名)、御伊勢浜海水浴場の方向に向かうのでした。

JR気仙沼線の踏切を渡る時、南側の線路が津波で流出している光景を見るも、その後の直線道路の両側の家は何ら普段と変わらない光景に違和感を覚えながら自宅を目指すのですが、その直線の半分位から津波によるがれきが見えはじめるも家は残っているのです。

ところが、直線が終わり緩いカーブを過ぎれば我が家、あと300m位のところに瓦屋根の半壊した家が道路のど真ん中に陣取り・・・・。

その道路はあきらめ、大人になってからは歩いたことがない、ガキの頃の遊びに使った裏道をがれきをかき分けながら進むと、光景が一変しました。

あるべき家がほとんどないんです。

あっても1階は無惨な状態、そして、海が近いんです。

今まで家が沢山あったところが、がれきと海というか泥沼というか、その中で向洋高校と全漁連の倉庫だけが異様な姿で持ち堪えていた光景でした。

この時点で我が家も流失している状況は認識したのですが、信じることができず、本来、車で我が家に行く市道も流失し、水も引いていないので、裏を通り、瓦が散乱している近所の畑を通り、自宅(の基礎しか残っていない)へたどり着きました。

あるべき物が何もないんです。

3月12日の行動(4) 予想を遥かに超える津波 つづく

編集後記

自宅には国道45号線から岩井崎方面に向かうのですが、国道から約700m弱、直線道路がつづき、その両側には整列した家並が続きます。

kamimati

震災後に知ったのですが、その町並みは、さかのぼること明治の大津波に遭った際に、我が家よりもっと海沿いの明戸地区(御伊勢浜海水浴場付近)の集落が、津波にて壊滅的な被害に遭い、集団移転にて道路含めて整地し、その直線道路の両側に再建したとのことでした。

その後、津波のことは風化し、また、沿岸部に新たな住民が移転したり、高台に避難した住民が少しづつ戻り(漁業や観光業に携わる家業の場合、より海に近い方が好都合)、また集落ができ、今回の大震災で同じ災害を繰り返したということになります。

今回の大震災の教訓、減災対策として、この周辺には9.8mの高さの防潮堤ができる予定です。
頻発する津波はその防潮堤で防ぎますが、1000年に一度と言われている今回のような東日本大震災の大津波の場合は、9.8mの高さの防潮堤でも防ぐことはできません。
そこで、防潮堤完成後に東日本大震災クラスの大津波が再来したとのシミュレーションにより、防潮堤を乗り越え、津波が到達する所を、『災害危険区域』として、住宅や学校などの施設の建設を制限しています。

この『災害危険区域』に設定により、今回の様な大津波でも人命や住宅等の財産を失うことの再発を防ぐことができるかもしれません。
しかし、その反面、災害危険区域に指定されたところは、先祖代々、守ってきた土地に(生活拠点としては)戻ることは出来ないことになります。

スポンサードリンク

関連記事

no image

私の家族(3) 父の死亡届

K次長と気仙沼市役所に到着した時は、既に暗くなってきて、当時、市役所も停電状態で、発電機による電気供

記事を読む

no image

生産再開へ(6) 常務が大余震を・・・

本格的に生産が再開される見通しになった4月7日、震災以降、本社経営陣として、初めて常務が工場に入りま

記事を読む

no image

3月12日の行動(5) 実家での出来事

工場に戻る際、山道のルートを変え、○○小学校付近の伯母(父の妹)の家に立ち寄りました。 伯母の

記事を読む

no image

3/17~31の活動(2) 対策本部

工場2階の応接室、会議室は対策本部として、煩雑な部屋に変化していきました。 白板を4つ準備し、

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(6) 見守っていてね

3.11 絶対に忘れることのない日です。 私が20年間生きた中でこんな悔しい思いをしたのは初

記事を読む

さいごに(2) 帰宅許可について

今回、奇跡的に工場社員の犠牲者はいませんでしたが、大震災・大津波警報発令の直後の帰宅許可は、工場責任

記事を読む

no image

3月16日の行動(2) 生死の境

家庭・生活面においても、この日はターニングポイントでした。 私にある決意をさせることになるので

記事を読む

no image

3月11日の出来事(2) 帰せコール

「こんな状況で仕事は出来ない」「家族が心配だ」「大津波警報が発令した」等の意見があいつぎ、 “

記事を読む

no image

生産再開へ(4) 工業用水と通勤

沢水の摂取場所(水量との関係)と水質の関係を調査し、加工工程の工業用水として使用することができるか?

記事を読む

no image

3月15日の行動(5) Y氏の体験談

14日の夕方から15日にかけて、本社から災害支援として駆けつけてくれた、Y氏の体験談を紹介します。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑