*

被災地への旅行についての考察

公開日: : 最終更新日:2016/03/12 震災からの復旧・復興

被災地への旅行者の本心!?

震災から5年になろうとしています。
被災地で宿泊施設(コテージ)を開業してから、沢山のお客様と触れ合うことができました。

コテージキクタのホームページはこちらから

チェックアウト時に世間話をする機会もあるのですが、被災地以外から被災地に旅行するご家族やグループなどから、被災地への旅行に関する心境をお聞きすることがあります。

『復興途中の被災地にボランティアならまだしも、遊びや観光の目的で訪れていいのだろうか?ためらいがありました。』

『少しでも被災地にお金を落とす(使う)ことで、復興につながるのでは!と、思いきってきました。』

『子供達に被災地のありのままを見てもらい、何かを感じてもらいたい、何かを伝えたい、との思いできました。』

多くの旅行者は、このような心境で来ていると思われます。

まだ来て頂ければ良いのですが、
『遊びや観光を目的で訪れていいのだろうか?』
の思いから、ためらって、行きたくても未だに被災地を訪れていない方々も沢山いるのではないか?と感じています。

被災者の立場で、そのような思いを抱いている方々に、旅行者の本心とは離れて、被災者の本心を述べたいと思います。

ボランティアさんの激減について

災地へ訪れるボランティアさんは、時間の経過とともに減少し続け、各市町村社会福祉協議会に設置された災害ボランティアセンターが、1か月当たりに受け入れた東北3県でのボランティア人数は、ピークだった2011年5月の182,400人から、2015年7月には5,000人にまで減少しているそうです。
ピーク時に比べ、現在では数パーセントの人数に激減していることになります。

私はある意味、仕方ないと言いますか、当たり前のことだと思っています。

誤解してもらいたくないのですが、ボランティアが不要になったとは思っていません。
地域によっては、例えば福島県の被災地は、放射線量の影響で今まで手付かずの地域が、放射線量が下がり立入り禁止が解除、これから復旧・復興に向けて、ボランティアのニーズが高い被災地も多くあると思います。

また、ハード的なボランティアから、高齢化社会に対応したソフト的なボランティアのニーズが高まるなど、まだまだボランティアさんのニーズが必要なことも確かだと思います。

でも、被災地の復旧・復興、生活再建が、すこしずつでも進んでいることは事実であり、このことは『普通の生活』に戻りつつあるのです。

『普通の生活』に戻りつつあるということは、震災直後のボランティアさんの人数自体が普通ではないことだと思うのです。

被災者は前を向いて歩んでいる

被災地に旅行するにあたり、旅行者が出会う可能性が高い被災者(被災地でも全てが被災者とは限りません)は、私のようにサービス業であったり販売業であったり、外で仕事している農漁業者であったり、復旧・復興に係る仕事従事者であったり。

とにかく、そのような人々は、それぞれのスピードの違いはあるにしても、ポジティブに前を向いて歩んでおり、旅行者はそのような被災者に出会う可能性が高いのです。
(中には震災のダメージが大きすぎてネガティブになり、家にこもったりする被災者の存在も否定はしませんが、旅行者はそのような方々に会う可能性は低いと思います)

そして、そのような出会う可能性が高い被災者は、
とにかく地元が大好きです。
相当なダメージを受けても、海を含めて地元の自然や人柄や産業を自慢します。
良く来てくれた!って歓迎します。

従って、旅行者が出会う被災者が、旅行に来ることを拒んでいたり、楽しむこと、観光することを嫌がることは、ほとんどいないと思って間違いないです。
(仕事の邪魔をしたり、限度を越えるマナー違反しないことが前提ですが)

普通の観光地として(プラスアルファ被災地体感)

被災者は『普通の生活』に戻そうと前を向いて歩んでいます。

従いまして、被災地に旅行する人々には、『普通の観光地』として扱って頂き、楽しむために、思い出づくりに、来てもらいたいのです。

ボランティアさんの激減は、先行して『普通』に戻ってしまいました(苦笑)。

そうなりますと、震災以前の観光客に来ていただけないと、被災地の観光地は『普通』に戻っていないことになります。

『普通の観光地として来ていただきたい!』

普通に楽しんでもらい、美味しい食材を食べてもらい、思い出をつくり、ファンとなってもらって何度も遊びにきてもらいたい。

そして、『被災地』は、普通の旅行のプラスアルファとして、子供達への体感、減災・防災への教訓、復旧・復興の確認などの副産物になれば良いと思っています。

それが、被災地の復旧・復興につながっていくと思うのです。

『被災地』を返上するには、まだまだ相当の年月がかかるのですから。

【景勝 岩井崎で再開した天旗まつり】

iwaisaki1

 

スポンサードリンク

関連記事

震災遺構 南三陸町防災対策庁舎(4)

南三陸町の防災対策庁舎の保存問題。 これまでの経緯と、力関係と、民主主義の進め方(多数決など)を考

記事を読む

防潮堤問題(2) 危険区域

防潮堤の高さが直結している『まちづくり』の中で、被災地・被災者にとって、直接影響し、判断を迫られたこ

記事を読む

住宅再建(4) 防災集団移転促進事業(住民主導型)

体験談初回はこちらから 4. 住民主導型の防災集団移転促進事業に参加し住宅建設 本号からは、行政

記事を読む

震災遺構 南三陸町防災対策庁舎(1)

『6mの津浪がきます。避難してください!』 南三陸町の職員で危機管理課に所属し、防災放送担当だ

記事を読む

防潮堤問題(1) 防潮堤の高さ

東日本大震災の復興事業において、議論、話題になっているのが防潮堤の高さの問題です。 安倍総理大

記事を読む

住宅再建(5) 災害公営住宅での生活再建

体験談初回はこちらから 5. 災害公営住宅に申し込み賃貸にて生活再建 前回は、住民主導型の防災集

記事を読む

no image

長引く避難生活における様々な判断(仮設住宅)

住宅再建までの充電期間の仮設住宅学校の体育館など、過酷な公共施設での避難生活から、早期に開放される必

記事を読む

住宅再建(2) 自力再建の制約1

住宅再建の早い順の選択項目ごとに、制約条件やメリット・デメリットについて考察したいと思います。 1

記事を読む

震災遺構 南三陸町防災対策庁舎(3)

石巻市大川小学校の保存の議論 南三陸町の防災対策庁舎を震災遺構として残すか否かの議論の参考になるの

記事を読む

震災遺構 南三陸町防災対策庁舎は県有化に!

震災遺構として保存の是非で町が二分していた問題ですが、2015年6月30日、南三陸町町長が県の県有化

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑