*

防潮堤問題(3) コンクリート

公開日: : 最終更新日:2015/03/22 防潮堤問題, 震災からの復旧・復興

私たち被災者は、好き好んでコンクリート塀に囲まれるような防潮堤を望んでいるわけではありません。

住宅を建てられるかどうかの基準となる、『危険区域』の設定に直結する、防潮堤などの津波を防御する構造物の高さを容易に変更することは難しいと思います。

中には、被災者を含めて地域全体で防潮堤の高さを問題にし、結果的に高さを下げたり、新方式を採用したりできた地域もありますが、その前提には、守る物がない(全世帯が移転予定)とか、想定する津波のシュミレーションを見なおしたとか、新方式により下げられるとか、安心・安全は担保した上で行政と合意しているケースですが、そうは多くはありません。

従って、防御する構造物の高さは必要になりますが、構造物がコンクリートであることにこだわっているわけではありません。

例えば、防潮堤の高さまで、被災地全体を盛土などで嵩上げし、更には防潮林などの緑化にて同じような防御だ出来ればそれでも良いのです。
その方が、嵩上げにより人の目線が高くなり(計画する防潮堤の高さ)、海が見えなくなってしまうという不安材料も払拭できるメリットもあります。

しかし、国の予算や復興集中期間(5年)の設定などの課題から、行政から出されてくる提案はコンクリートでの巨大な防潮堤ということになっているが現実です。
市街地なら全体の嵩上げの選択もあるかもしれませんが、農村・漁村地域になるほど、その実現性は低くなり、コンクリートによる防潮堤の選択になっていきます。

でも、被災地では、その行政の提案をそのまま鵜呑みしているわけではありません。

三陸復興国立公園として景観を考慮、例えば、海水浴場などの砂浜を守るために、防潮堤をセットバック(陸側に移動)したり、緑化を考慮したり、また、漁業の作業効率を悪くならないような配慮や避難ルートを考慮するなど、短期間の中で妥協点を探っているというのが実情です。

この短期間での妥協が問題と言えば問題なのかもしれません。

しかし、被災者にとって、早期の生活再建に直結していることをご理解していただきたいのです。

被災地と言っても、全ての住民が被災しているわけではありません。
被災地であっても、高台に住んでいて震災前と変わらない生活をしている人は沢山います。
実際には、被災者より、その人達のほうが多いのです。

被災者として違和感を感じるのは、あくまで傾向の話しですが、被災地でも被災していない人たちが、防潮堤が高すぎるとか、税金の無駄遣いとか、自然破壊とか、ある意味、理想を論じることです。
そして、第三者(専門家や報道機関)が火に油を注いでいる様に感じます。

理想論も大事かもしれませんが、被災地に残る被災者には、

『私達、被災者には直近の安心・安全な生活(再建)が最優先!』

という、考えるスパンが短いこともご理解いただきたいのです。

 

boucyoutei2
【早期に住民との合意成形によって先行して建設中の9.8mの防潮堤(大谷地区)】

スポンサードリンク

関連記事

震災遺構 南三陸町防災対策庁舎(2)

南三陸町の防災対策庁舎の震災遺構として保存するか否かの問題について、今後の推移について冷静に考察して

記事を読む

住宅再建(6) 遅すぎる住宅再建による変化

体験談初回はこちらから 6. 市主導型の防災集団移転事業に参加し住宅建設 前回に引き続き、もう一

記事を読む

長引く避難生活における様々な判断(住宅再建)

住宅再建のための的確な判断とは 今回の西日本の洪水・土砂災害と東日本大震災において、広範的な被害と

記事を読む

住宅再建(5) 災害公営住宅での生活再建

体験談初回はこちらから 5. 災害公営住宅に申し込み賃貸にて生活再建 前回は、住民主導型の防災集

記事を読む

防潮堤問題(2) 危険区域

防潮堤の高さが直結している『まちづくり』の中で、被災地・被災者にとって、直接影響し、判断を迫られたこ

記事を読む

住宅再建(1) 震災から5年経過しても

東日本大震災から5年経過しても・・・ 東日本大震災から5年になります。 多分、被災地以外の方

記事を読む

住宅再建(4) 防災集団移転促進事業(住民主導型)

体験談初回はこちらから 4. 住民主導型の防災集団移転促進事業に参加し住宅建設 本号からは、行政

記事を読む

被災地への旅行についての考察

被災地への旅行者の本心!? 震災から5年になろうとしています。 被災地で宿泊施設(コテージ)を開

記事を読む

住宅再建(2) 自力再建の制約1

住宅再建の早い順の選択項目ごとに、制約条件やメリット・デメリットについて考察したいと思います。 1

記事を読む

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復旧・復興には、優先順位が立てら

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑