*

家族からのメッセージ(10) お元気ですか?-2

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 家族からのメッセージ, 東日本大震災体験談

より子お姉ちゃん、膝の調子はどうですか?
無理をしていませんか?
愛犬チーズはおりこうさんにしていますか?

お姉ちゃんが菊田家に嫁いで来てくれて、本当に良かった。
明るくて、優しくて、器量が良くて、人に気を使わせないようにする心遣いは、私にとって見習うべき所がたくさんありました。
あんな小さな体のどこにそんなパワーがあるんだろう、と思うほど働き者で、菊田家を支えてきてくれました。

お盆やお正月には実家に帰るのが本当に楽しみでした。
お姉ちゃんに甘え過ぎていたかもしれませんね。
でも、いつも明るい笑顔で 『おかえり~!』 って迎えてくれるお姉ちゃんだったからこそ、みんなが帰るのを楽しみにしていたんですよ。

お姉ちゃんには感謝の言葉を並べても並べても足りないくらいです。
私たちのわがままかもしれませんが、そちらでもお父さんとお母さんのこと、宜しくお願いします。

2011年3月11日。
何の心の準備もないままに、3人との突然の別れを受け入れなければならなかったことは本当に辛かった。

でもね、そんな私の心を支えてくれたのが〇〇の存在でした。
初めて気仙沼に連れて帰った時に、『一人また孫が増えたな~』と言って喜んでくれたことが本当に嬉しかったよ。
その〇〇が一緒にいてくれたおかげで、震災後に私が悲しむ時間を少なくしてくれたんだと感じています。

今となっては、お父さんとお母さんとお姉ちゃんが、私が何があっても乗り越えられるように、〇〇のことを託して逝ったのかな・・・とも思えてなりません。
お父さんとお母さんが、私に愛情を注いで育ててくれたように、私も〇〇にたくさんの愛情をかけて育ててあげられるように頑張るね。
成長を見守っていてください。

あの日から、たくさんの悲しみを乗り越えながら、残された家族みんなの絆が深くなりました。
これは3人が残してくれた一番大きな財産だと思います。
この絆を絶やすことなく、これからも俊勝あんちゃん、元ちゃん、甥っ子、姪っ子たち、みんなで支えあって生きて行きます。
私たちのことも、ずっとずっと近くで見守っていて下さい。

お父さん、お母さん、より子お姉ちゃん、本当にありがとね。

いつかまた、そちらで会えるときまで、どうかお元気で。

震災から4年になるね へ

スポンサードリンク

関連記事

さいごに(2) 帰宅許可について

今回、奇跡的に工場社員の犠牲者はいませんでしたが、大震災・大津波警報発令の直後の帰宅許可は、工場責任

記事を読む

no image

支援物資(3) 衣食住の衣

支援物資を何にするか?を考える場合、“衣食住”に分けられる。 提供受けた側の経験談として、 “

記事を読む

no image

3月14日の行動(2) 避難物資の買物教訓

千厩町(一関市)の郊外の大手スーパーやホームセンターに開店待ちで並んでいる状況を無視し、私達は、どの

記事を読む

no image

3/17~31の活動(3) 情報通信

17日からの本格的な4トントラックでの製品出荷を開始すると、本社側との頻繁な情報通信のやりとりが必要

記事を読む

no image

3月15日の行動(4) お裾分け

遺体安置所から工場に戻り、義姉連中は実家に始めに帰り、夕方近くに、K次長、Y氏の弟と一緒に、実家に向

記事を読む

no image

3月15日の行動(5) Y氏の体験談

14日の夕方から15日にかけて、本社から災害支援として駆けつけてくれた、Y氏の体験談を紹介します。

記事を読む

no image

私の家族(8) 母と次女

死亡確認した当日(4/3)に市役所に死亡届を提出し、4/15に女房と同じ千厩での火葬と決まりました。

記事を読む

家族からのメッセージ(3) 私のこころ-1

3月の震災から1年が経とうとしています。 この1年、あっという間に過ぎて行った気がします。

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(8) 一番伝えたいこと

私は、毎年 お母さんの実家へ夏休みと冬休みに5日間ぐらい泊まっていました。 ですが、この東日本

記事を読む

no image

私の家族(6) 女房の死亡届・火葬

父の死亡届で経験していますので、女房の時はスムーズでした。 この時にはスクーターが届いており、

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑