*

家族からのメッセージ(9) お元気ですか?-1

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 家族からのメッセージ, 東日本大震災体験談

お父さん、お母さん、より子お姉ちゃん お元気ですか?

そちらの様子はどんな感じなのでしょうか?
私たちは、どうにかこうにかいろんな気持ちを乗り越えながら、みんな元気に生活しています。
安心して下さい。

離れて暮らすようになって、もうすぐ1年になります。
この1年、時間が経つのがずいぶん遅く感じました。
いろんなことがあり過ぎたからね。
でも、いつも近くで見守ってくれているって思っていました。

〇〇(息子)は11月で5歳になりました。
一緒に生活するようになってから、1年半で15cmも身長が伸びたんだよ!
すごいでしょ!!
子供って竹の子みたいだね。

今、自分が子育てをしながらいろんなことを考えています。

私は3人兄妹の末っ子として生まれて、みんなの愛情をたっぷり受けて、元気ハツラツなわがまま娘に育ちました。
兄妹の中では一番健康体だった私が、まさか白血病と宣告されるなんて誰も思わなかったでしょう。

私の病気が分かった時、主治医の先生から呼び出され、
『娘さんは急性骨髄性白血病です・・・』
と宣告された時、お母さんはその場で泣き崩れたそうですね。

でもお父さんと、白血病という病名を私に隠し通すと決断し、12月の寒さの中で水で顔を洗い、私の病室へ戻って来たお母さんは、普段通りの顔を演じてくれましたね。
素晴らしい演技力でした。
それを演技とは知らずに、事の重大さを計り知ることのが出来なかった私は、入院中のストレスをお母さんに八つ当たりして、精神的に辛い思いをたくさんさせてしまいました。
ごめんね・・・。

移植の時には名古屋まで付き添いに来て、一緒に闘ってくれました。
苦しくて夜中に私が眠れないと、お母さんも心配して起きていてくれて、私の手をぎゅっと握り、
『がんばれ、がんばれ、がんばれ、がんばれ・・・』
ってずっと声をかけてくれた。
あの手の温もりは今でも覚えているよ。
お母さんがいなかったら、あんな苦しい治療を乗り越えることは出来なかったと思う。
本当にありがとうね。

お父さん!
そっちでも大五郎を飲んでいますか?
飲み過ぎには注意ですよ!

お父さんは、海の仕事をしている時はいつも真剣勝負でしたね。
今考えると、海の男のカッコイイ姿でした。
でも、お酒が入ると陽気になって、宴会部長タイプの盛り上げ役。
私はお父さんのそういう所を受け継いでいるような気がします。

私が高校生の頃の、お父さんとの忘れられない思い出があります。
それは、ある夜、アクション映画を見ていた時だったと思うけど、お父さんが私の耳元で、
『としえちゃん、この映画スルリ満天だね~!』・・・と。
ん?なんか違う・・・。
『お父さん!それを言うならス・リ・ル・満天でしょ!!』
ボケとツッコミの親子漫才のようでしたよ!
社会人になってから、その話を友達にしたら、事あるごとに、
『スルリ満天のお父さんは元気~!?』
と言われるようになりました。
私はそんなほのぼのしたお父さんが大好きでした。

私が仙台に入院した時にも、もう60歳を過ぎていたのに、気仙沼から車を運転してお見舞いに来てくれて、帰る時にはエレベーターの前で見送る私に、いつもの笑顔で
『としえちゃん、頑張ってね』
と言って必ず、ぎゅっと握手してくれた。
あの手の厚みをずっと忘れないからね。

家族からのメッセージ(10) お元気ですか?-2 につづく

スポンサードリンク

関連記事

no image

3/17~31の活動(3) 情報通信

17日からの本格的な4トントラックでの製品出荷を開始すると、本社側との頻繁な情報通信のやりとりが必要

記事を読む

no image

震災から4年になるね

じいちゃん(親父)、ばあちゃん(お袋)、ママ(女房)、そっちはどうですか? ケンカしないで、安らか

記事を読む

no image

3月11日の出来事(1) 会議中の食堂で

2011年3月11日 14時46分 私はじめ工場幹部は、食堂にて、月1回の定例である“課長会議”の開

記事を読む

no image

3月12日の行動(6) 震災翌日の夜

常務への連絡終了後は、仕事モードから家庭モードへの切替です。 子供たち、妹たちからのメールを受

記事を読む

家族からのメッセージ(1) 

『追想』を自費製作するにあたり、残された家族からのメッセージを添えることにしました。 追想は一

記事を読む

no image

生産再開へ(2) 本社出張

今になると、翌日(4/1)、どのようなルートでビジネスホテルから本社まで行ったのか記憶が曖昧ですが、

記事を読む

no image

3/17~31の活動(2) 対策本部

工場2階の応接室、会議室は対策本部として、煩雑な部屋に変化していきました。 白板を4つ準備し、

記事を読む

no image

さいごに(1) 雲の遥か

長い間、お付き合い頂きましたが、最終回が近づいてきました。 私は大震災前まで歌を聴いて泣けるこ

記事を読む

no image

私の家族(6) 女房の死亡届・火葬

父の死亡届で経験していますので、女房の時はスムーズでした。 この時にはスクーターが届いており、

記事を読む

no image

3月11日の出来事(6) 避難場所での一夜

3月11日に戻ります。 暗くなり、小雪が舞うきびしい寒さ、断続的に余震が続く中、当工場の非難場

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑