*

家族からのメッセージ(4) 私のこころ-2

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 家族からのメッセージ, 東日本大震災体験談

震災当時は、まだ19歳でした。
5月に20歳の誕生日を迎えた時、初めて誕生日なんていらないと思いました。
大人になりたくないって凄く思いました。

何よりも、ママがいない未来が本当に怖いです。
いつか結婚して、子供が出来て悩むことがあったら、ママに相談したい。
ママに孫の世話をして欲しかった、
可愛がって欲しかった。

パパや兄ちゃんが頑張っているのに、こんなこと思っちゃいけないって分かっているのですが、まだ気持ちの整理が着いていない私は、ママの所に行きたいって思ってしまいます。

本当は現実を受け入れて、自分の足で前に進まなきゃいけないって思うのですが、まだまだ私には時間が必要みたいです。

でも、必ずこの現実を受け入れて、前に進みます。

『大丈夫、大丈夫。今辛いのは、いつかの幸せの分。』

友達に教えて貰った、言葉の魔法です。
私はこの魔法の言葉を胸に、少しずつ前に進んでいきます。

就職して、新しい仕事頑張って、結婚して、子供生んで、絶対幸せになる。
心から笑える日が来るように、力強く生きていく。

じいちゃんとばあちゃんに「かすみ偉いごど~」って言ってもらえるように、
ママに「かっぴー頑張ったね」って言ってもらえるように、
チーズに「ワン!」って言ってもらえるように、

ここで立ち止まってるわけにはいけない。

だから、この先何かに躓いたり、悩んだりしたら、みんなの力を借りたいです。

パパ、お兄ちゃん…私はまだまだ子供だけど、いつか恩返し出来るように頑張るね。

離れてもずっとずっと傍にいてね、ずっとずっと家族だから……みんな大好き!!

編集後記

震災当時は専門学校生として東京で一人暮らししていました。

一番心細く、辛く、傷ついたのではないかと思います。

震災の年は、専門学校生最後の年であり、就活をしなければなりませんでした。
自分のやりたい夢より、地元に近いところに居たいとの考えから、仙台の会社に就職することにしました。

専門学校の入学式には夫婦で出席し、娘の成長を素直に喜んでいましたが、卒業式には私一人だけ・・・。

一旦、仙台の会社に就職しましたが、やりたかった夢とのギャップに苦しみ、悩んだ末、娘は一大決心し、東京の会社に再就職することになりました。
近況は、先輩方の叱咤激励を受けながら、一生懸命に働き、一生懸命に東京生活を楽しんでいるみたいです。

少しづつでも、強くなっているんだな~。

娘は人一倍、辛く、悲しい思いをしましたので、それ以上の幸せをつかんでもらいたいと思っています。

家族からのメッセージ(5) 家族のつながり につづく

スポンサードリンク

関連記事

no image

生産再開へ(6) 常務が大余震を・・・

本格的に生産が再開される見通しになった4月7日、震災以降、本社経営陣として、初めて常務が工場に入りま

記事を読む

家族からのメッセージ(3) 私のこころ-1

3月の震災から1年が経とうとしています。 この1年、あっという間に過ぎて行った気がします。

記事を読む

no image

私の家族(6) 女房の死亡届・火葬

父の死亡届で経験していますので、女房の時はスムーズでした。 この時にはスクーターが届いており、

記事を読む

no image

3/17~31の活動(5) 仮事務所の増殖

発電機が手に入り、組立できる製品の部材の出庫や組立作業を開始するとなると、製品物流以上のコンピュータ

記事を読む

no image

支援物資(6) タイミングと目的

“他の人だけでなく被災者も考えつかない、でも被災者には必要なもの” “提供するタイミングで支援

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(9) お元気ですか?-1

お父さん、お母さん、より子お姉ちゃん お元気ですか? そちらの様子はどんな感じなのでしょうか?

記事を読む

家族からのメッセージ(2) 強くなる

東日本大震災から、1年が経とうとしています。 現在、気仙沼を離れて生活しているためか、いまだに

記事を読む

no image

支援物資(4) 食と住

支援物資を何にするか?を考える場合、 “衣食住”に分けられる。 “他の人だけでなく被災者

記事を読む

no image

3月16日の行動(3) 決意

本来の避難場所が避難場所にはならなかった状況は、私たちの予想を遙かに超える悲惨な状況でした。

記事を読む

家族からのメッセージ(1) 

『追想』を自費製作するにあたり、残された家族からのメッセージを添えることにしました。 追想は一

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑