*

家族からのメッセージ(4) 私のこころ-2

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 家族からのメッセージ, 東日本大震災体験談

震災当時は、まだ19歳でした。
5月に20歳の誕生日を迎えた時、初めて誕生日なんていらないと思いました。
大人になりたくないって凄く思いました。

何よりも、ママがいない未来が本当に怖いです。
いつか結婚して、子供が出来て悩むことがあったら、ママに相談したい。
ママに孫の世話をして欲しかった、
可愛がって欲しかった。

パパや兄ちゃんが頑張っているのに、こんなこと思っちゃいけないって分かっているのですが、まだ気持ちの整理が着いていない私は、ママの所に行きたいって思ってしまいます。

本当は現実を受け入れて、自分の足で前に進まなきゃいけないって思うのですが、まだまだ私には時間が必要みたいです。

でも、必ずこの現実を受け入れて、前に進みます。

『大丈夫、大丈夫。今辛いのは、いつかの幸せの分。』

友達に教えて貰った、言葉の魔法です。
私はこの魔法の言葉を胸に、少しずつ前に進んでいきます。

就職して、新しい仕事頑張って、結婚して、子供生んで、絶対幸せになる。
心から笑える日が来るように、力強く生きていく。

じいちゃんとばあちゃんに「かすみ偉いごど~」って言ってもらえるように、
ママに「かっぴー頑張ったね」って言ってもらえるように、
チーズに「ワン!」って言ってもらえるように、

ここで立ち止まってるわけにはいけない。

だから、この先何かに躓いたり、悩んだりしたら、みんなの力を借りたいです。

パパ、お兄ちゃん…私はまだまだ子供だけど、いつか恩返し出来るように頑張るね。

離れてもずっとずっと傍にいてね、ずっとずっと家族だから……みんな大好き!!

編集後記

震災当時は専門学校生として東京で一人暮らししていました。

一番心細く、辛く、傷ついたのではないかと思います。

震災の年は、専門学校生最後の年であり、就活をしなければなりませんでした。
自分のやりたい夢より、地元に近いところに居たいとの考えから、仙台の会社に就職することにしました。

専門学校の入学式には夫婦で出席し、娘の成長を素直に喜んでいましたが、卒業式には私一人だけ・・・。

一旦、仙台の会社に就職しましたが、やりたかった夢とのギャップに苦しみ、悩んだ末、娘は一大決心し、東京の会社に再就職することになりました。
近況は、先輩方の叱咤激励を受けながら、一生懸命に働き、一生懸命に東京生活を楽しんでいるみたいです。

少しづつでも、強くなっているんだな~。

娘は人一倍、辛く、悲しい思いをしましたので、それ以上の幸せをつかんでもらいたいと思っています。

家族からのメッセージ(5) 家族のつながり につづく

スポンサードリンク

関連記事

no image

生産再開へ(5) プロジェクト体制

4/4(月)、大震災以降、初めて工場全社員を対象とした出社がスタートしました。 まず、全体の朝

記事を読む

no image

3/17~31の活動(4) システム対応

大震災以前は、関東の事業所に設置してある、コンピュータシステム(販売管理及び生産管理システム)に、工

記事を読む

no image

3月12日の行動(2) レスポンスの早さ

確か工場点検後、避難場所の玄関フロアに戻った時だったと思いますが、地元運送業者のD社の専務さんが心配

記事を読む

no image

3月11日の出来事(2) 帰せコール

「こんな状況で仕事は出来ない」「家族が心配だ」「大津波警報が発令した」等の意見があいつぎ、 “

記事を読む

no image

私の家族(8) 母と次女

死亡確認した当日(4/3)に市役所に死亡届を提出し、4/15に女房と同じ千厩での火葬と決まりました。

記事を読む

no image

3月12日の行動(6) 震災翌日の夜

常務への連絡終了後は、仕事モードから家庭モードへの切替です。 子供たち、妹たちからのメールを受

記事を読む

no image

3月12日の行動(5) 実家での出来事

工場に戻る際、山道のルートを変え、○○小学校付近の伯母(父の妹)の家に立ち寄りました。 伯母の

記事を読む

no image

3月15日の行動(2) 戦場の中の様な

自宅付近を確認後、次に目指したのは気仙沼市内にある病院です。 国道45号線に平行する山沿いの農道を

記事を読む

no image

支援物資(3) 衣食住の衣

支援物資を何にするか?を考える場合、“衣食住”に分けられる。 提供受けた側の経験談として、 “

記事を読む

no image

3月13日の行動(1) 安否確認

大震災から3日目(日曜日)の朝になりました。 翌朝には実家でアンテナが立っていた唯一の庭先の場所は

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

no image
時間をかけてはいけない罹災証明書

元旦に発生した能登半島地震の被災者のために、震災を体験し、被災者(自宅

no image
時間が解決してくれる(再建)

元旦に発生した能登半島地震の災害ニュースを見る度に、東日本大震災時の状

no image
時間でしか解決しないことがある(避難・仮設住宅)

元旦に発生した能登半島地震の災害ニュースを見る度に心が痛みますが、13

no image
時間でしか解決しないことがある(こころ)

東日本大震災から13年が経とうとしています。 震災から5年後には

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

→もっと見る

PAGE TOP ↑