*

家族からのメッセージ(8) 一番伝えたいこと

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 家族からのメッセージ, 東日本大震災体験談

私は、毎年 お母さんの実家へ夏休みと冬休みに5日間ぐらい泊まっていました。

ですが、この東日本大震災で3人の家族と1匹の犬を失いました。

家は跡形も無く壊されて、骨組みすら残っていませんでした。
でも失った家族との思い出は絶対に消えません。

おばあちゃんはいつも美味しいご飯を作ってくれました。
中でも一番おいしかった夕ご飯は、おばあちゃん特製カレーです。
大きく切った野菜がたくさん入っているカレーはみんなが大好きでした。

おじいちゃんは私達が泊まりに来る前の日に新鮮なお魚を用意してくれています。

夏休みはおじいちゃんとおばあちゃんで作ったトウモロコシを収穫する事が一番大好きでした。
みんなでかぶりついたトウモロコシはどこの物よりも甘くておいしく感じました。

より子ママは仕事が忙しい中でも私達が泊まりに来た時はいつもパパと一緒に楽しい所に連れて行ってくれます。
夏は海や夜釣りなど・・・冬は除夜の鐘打ちや初詣です。
でも、夏冬関係なく私が楽しみにしていたのが、一緒に入るお風呂の時間です。
その日のことを話たり、学校であった嬉しかったことなどをいっぱい話しました。

犬のチーズはゴールデンレトリバーです。
力が強くお散歩はいつもより子ママが連れて歩いていました。
でも、やっと私も大きくなって少し前から1人でリードを持ってお散歩出来るようになりました。
その時は、いつものお散歩コースがまるで違う道を通っているかのようなドキドキ感がありました。

他にも、もっともっと沢山の思い出があります・・・
でも、今、一番伝えたいことは一つです。

『おばあちゃん、おじいちゃん、より子ママ、チーズ・・・いっぱい、いっぱい楽しい思い出を本当にありがとう』

編集後記

妹(長女)の次女は、震災当時、小学生でした。

実家に来るのが大好きで、女房をもう一人のママのように慕っていて、また、チーズは姪の家から、姉妹の一匹を譲ってもらった愛犬でしたし、大好きだった祖父母も一瞬のうちに失ったので、相当なショックだったと思います。

中学校になっても、精神的に不安定な日々が続きましたが、周りの方々からの励ましなどによって少しづつ立ち直り、現在は高校生活をエンジョイしているみたいです。

甥や姪にも、辛い、悲しい思いをさせてしまいましたが、この経験を活かし、亡くなった家族の分まで幸せになってもらいたいと思います。

 家族からのメッセージ(9) お元気ですか?-1 につづく

スポンサードリンク

関連記事

no image

私の家族(7) 母の死亡確認

最後に発見された母の時まで、何体の遺体の顔写真をみたことか・・・。 きれいなままの顔もあれば、

記事を読む

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じることは、残された家族・親族との絆

記事を読む

no image

3月15日の行動(2) 戦場の中の様な

自宅付近を確認後、次に目指したのは気仙沼市内にある病院です。 国道45号線に平行する山沿いの農道を

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(10) お元気ですか?-2

より子お姉ちゃん、膝の調子はどうですか? 無理をしていませんか? 愛犬チーズはおりこうさんにして

記事を読む

ご宿泊者に追想(コピー版)をプレゼント

このブログのベースとなっている、自費製作した『追想』のコピー版を、ある京都の中学の先生のご好意により

記事を読む

no image

支援物資(3) 衣食住の衣

支援物資を何にするか?を考える場合、“衣食住”に分けられる。 提供受けた側の経験談として、 “

記事を読む

no image

3月15日の行動(3) 行方不明届

市内の病院から地元の気仙沼階上に戻り、どういう結果であれ、早く発見してあげることに優先すべき、との義

記事を読む

no image

3月11日の出来事(3) 津波の映像と携帯不通

とにかく、連絡がつかない、状況がつかめない。 そのような中での私の行動は、駐車場から自分の車を

記事を読む

no image

3月11日の出来事(6) 避難場所での一夜

3月11日に戻ります。 暗くなり、小雪が舞うきびしい寒さ、断続的に余震が続く中、当工場の非難場

記事を読む

no image

3月11日の出来事(5) 唯一の情報入手源

もう少し、通信不能の状況についてお付き合いください。 震災後、数日間の唯一の情報入手源はラジオ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

no image
時間をかけてはいけない罹災証明書

元旦に発生した能登半島地震の被災者のために、震災を体験し、被災者(自宅

no image
時間が解決してくれる(再建)

元旦に発生した能登半島地震の災害ニュースを見る度に、東日本大震災時の状

no image
時間でしか解決しないことがある(避難・仮設住宅)

元旦に発生した能登半島地震の災害ニュースを見る度に心が痛みますが、13

no image
時間でしか解決しないことがある(こころ)

東日本大震災から13年が経とうとしています。 震災から5年後には

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

→もっと見る

PAGE TOP ↑