*

3月13日の行動(2) 軽自動車の借用

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 3月13,14日の行動, 東日本大震災体験談

ガソリンが手に入らない状況で、いかに連絡ができるところまで移動し、本社や親戚に連絡をつけるか!?

を考えていましたが、
工場に戻って目についたのが駐車場にあるTさんの軽自動車でした。
(震災当日、T夫婦は旦那の車1台で退社したので、Tさんの車は工場に残されていました)

避難所でTさんに会い、
旦那が自宅を見に行った。
T家の2階部分が流出状態で見つかった。
という話を聞き、私も自宅に途中まで車で向かい、T氏と会い、2階部分を教えてもらいましたが、人が行ける様な場所、状況ではありませんでした。

何の手がかりもなく、避難所に戻り、Tさんとのやりとり、

*工場に駐車している軽自動車にはどの位のガソリンが入っている?
*半分以上は入っていると思います。
*当面の間、社用車として貸してもらいたい!

という、今考えれば、半強制的にカギを貸してもらい、ガソリンが入っている燃費の良い軽自動車を、当面の社用車、兼、発電機が到着するまでは、シガーライターにインバーターを接続し、携帯電話やパソコンの電源として借用することになるのでした。
結果的に3ヶ月間も・・・・。

K次長に、翌日(14日)に、
避難物資の買い出しを兼ね、携帯がつながるところまで行ってみよう!
と約束しました。

次長は会社に近い、奥さんの実家を避難場所として、工場と行き来していました。

私が女房の実家に外泊したり、避難所や自宅跡への外出をしている間に、工場の避難所も少しずつ変化して行きました。
すぐ外へ避難できる所は良いのですが、玄関フロアは寒いのです。
M氏家族は12日の夜、玄関に作った応急コタツで寝たらしいですが、翌朝、玄関隙間風攻撃に耐え切れず、2階の応接室を避難場所に変更していました。
あの地震を耐えた工場なんだから2階でも大丈夫だろう!

製品に使う断熱材やダンボールシートを活用し、床からの寒気を防ぎ、その上に座卓を置き、毛布等を掛け布団代わりにして応急コタツを作り、避難3日目の夜を迎えるのでした。

2日間、ほとんど寝られず、今夜こそは!
と、会社が取引業者さんなどから、お歳暮として頂いた、 “アルコール入り睡眠導入剤” を頂戴し、寝ようとするのですが、なかなか寝付けず、睡眠不足が続くのでした。

3月14日の行動(1) 地震だけだったら・・ につづく

 

スポンサードリンク

関連記事

no image

家族からのメッセージ(4) 私のこころ-2

震災当時は、まだ19歳でした。 5月に20歳の誕生日を迎えた時、初めて誕生日なんていらないと思いま

記事を読む

no image

さいごに(1) 雲の遥か

長い間、お付き合い頂きましたが、最終回が近づいてきました。 私は大震災前まで歌を聴いて泣けるこ

記事を読む

no image

生産再開へ(2) 本社出張

今になると、翌日(4/1)、どのようなルートでビジネスホテルから本社まで行ったのか記憶が曖昧ですが、

記事を読む

no image

支援物資(3) 衣食住の衣

支援物資を何にするか?を考える場合、“衣食住”に分けられる。 提供受けた側の経験談として、 “

記事を読む

no image

支援物資(5) 初動判断

これまでは、ボランティア的な支援物資に関して考察してきましたが、工場再開、災害復旧のために必要不可欠

記事を読む

no image

3月12日の行動(3) 震災翌日、自宅へ・・・

自分の目で確かめるしかない! 車でどこまで行けるか分からなかったし、避難所の中学校から自宅まで

記事を読む

no image

3月14日の行動(3) 情報基地

千厩(岩手県一関市)での買い物を終え、工場に戻ると、既に、海外工場出向組、気仙沼出身組が2台の車で無

記事を読む

家族からのメッセージ(1) 

『追想』を自費製作するにあたり、残された家族からのメッセージを添えることにしました。 追想は一

記事を読む

no image

私の家族(1) 父の発見情報

当分の間、私の家族のことについて、お付き合いください。 私の家族は、父、母、妻(より子)、長男

記事を読む

家族からのメッセージ(2) 強くなる

東日本大震災から、1年が経とうとしています。 現在、気仙沼を離れて生活しているためか、いまだに

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑