*

3月13日の行動(2) 軽自動車の借用

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 3月13,14日の行動, 東日本大震災体験談

ガソリンが手に入らない状況で、いかに連絡ができるところまで移動し、本社や親戚に連絡をつけるか!?

を考えていましたが、
工場に戻って目についたのが駐車場にあるTさんの軽自動車でした。
(震災当日、T夫婦は旦那の車1台で退社したので、Tさんの車は工場に残されていました)

避難所でTさんに会い、
旦那が自宅を見に行った。
T家の2階部分が流出状態で見つかった。
という話を聞き、私も自宅に途中まで車で向かい、T氏と会い、2階部分を教えてもらいましたが、人が行ける様な場所、状況ではありませんでした。

何の手がかりもなく、避難所に戻り、Tさんとのやりとり、

*工場に駐車している軽自動車にはどの位のガソリンが入っている?
*半分以上は入っていると思います。
*当面の間、社用車として貸してもらいたい!

という、今考えれば、半強制的にカギを貸してもらい、ガソリンが入っている燃費の良い軽自動車を、当面の社用車、兼、発電機が到着するまでは、シガーライターにインバーターを接続し、携帯電話やパソコンの電源として借用することになるのでした。
結果的に3ヶ月間も・・・・。

K次長に、翌日(14日)に、
避難物資の買い出しを兼ね、携帯がつながるところまで行ってみよう!
と約束しました。

次長は会社に近い、奥さんの実家を避難場所として、工場と行き来していました。

私が女房の実家に外泊したり、避難所や自宅跡への外出をしている間に、工場の避難所も少しずつ変化して行きました。
すぐ外へ避難できる所は良いのですが、玄関フロアは寒いのです。
M氏家族は12日の夜、玄関に作った応急コタツで寝たらしいですが、翌朝、玄関隙間風攻撃に耐え切れず、2階の応接室を避難場所に変更していました。
あの地震を耐えた工場なんだから2階でも大丈夫だろう!

製品に使う断熱材やダンボールシートを活用し、床からの寒気を防ぎ、その上に座卓を置き、毛布等を掛け布団代わりにして応急コタツを作り、避難3日目の夜を迎えるのでした。

2日間、ほとんど寝られず、今夜こそは!
と、会社が取引業者さんなどから、お歳暮として頂いた、 “アルコール入り睡眠導入剤” を頂戴し、寝ようとするのですが、なかなか寝付けず、睡眠不足が続くのでした。

3月14日の行動(1) 地震だけだったら・・ につづく

 

スポンサードリンク

関連記事

no image

私の家族(2) 父の死亡確認

翌日(3/18)の午後、K次長にも立ち会ってもらい、父の死亡確認を行うことになりました。 初め

記事を読む

no image

3月12日の行動(3) 震災翌日、自宅へ・・・

自分の目で確かめるしかない! 車でどこまで行けるか分からなかったし、避難所の中学校から自宅まで

記事を読む

no image

3月15日の行動(4) お裾分け

遺体安置所から工場に戻り、義姉連中は実家に始めに帰り、夕方近くに、K次長、Y氏の弟と一緒に、実家に向

記事を読む

no image

支援物資(1) 感謝と感激

3月19日の朝に、それまでの支援物資の量とは比較にもならない、沢山の支援物資を、日本全国のみならず、

記事を読む

no image

生産再開へ(5) プロジェクト体制

4/4(月)、大震災以降、初めて工場全社員を対象とした出社がスタートしました。 まず、全体の朝

記事を読む

家族からのメッセージ(2) 強くなる

東日本大震災から、1年が経とうとしています。 現在、気仙沼を離れて生活しているためか、いまだに

記事を読む

no image

3月16日の行動(4) 周知・認識不足

3/16(水)は、公私ともにターニングポイントになった日と前述した様に、非常に慌ただしく、精神的にも

記事を読む

no image

私の家族(9) 葬儀

4/15(金)に最後になった母の火葬が終わり、葬儀屋さんに3人の遺骨が仮安置して頂いた頃、工場はマイ

記事を読む

no image

3月12日の行動(2) レスポンスの早さ

確か工場点検後、避難場所の玄関フロアに戻った時だったと思いますが、地元運送業者のD社の専務さんが心配

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(5) 家族のつながり

目を閉じれば そこには懐かしい故郷の景色、幼い頃の楽しかった思い出。 そして優しかった父、母、

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

no image
時間をかけてはいけない罹災証明書

元旦に発生した能登半島地震の被災者のために、震災を体験し、被災者(自宅

no image
時間が解決してくれる(再建)

元旦に発生した能登半島地震の災害ニュースを見る度に、東日本大震災時の状

no image
時間でしか解決しないことがある(避難・仮設住宅)

元旦に発生した能登半島地震の災害ニュースを見る度に心が痛みますが、13

no image
時間でしか解決しないことがある(こころ)

東日本大震災から13年が経とうとしています。 震災から5年後には

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

→もっと見る

PAGE TOP ↑