*

生産再開へ(2) 本社出張

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 東日本大震災体験談, 生産再開に向けて

今になると、翌日(4/1)、どのようなルートでビジネスホテルから本社まで行ったのか記憶が曖昧ですが、無事に本社につきました。

電動シェーバー派の私はカミソリでのひげ剃りは苦手で、震災以降、その行為を行う気力も立たず、本社には震災以降、ひげを剃らない無精ひげのままで、それも私服での訪問でした。

本社に着いて、とにかく違和感があったのは、 “普段の本社” だったのです。
永年勤続表彰も普通に行っていた様でした。

そうなんだ。宮城工場は大変な状況でも、本社は通常の業務をこなしていかなければならないならないんだな~。
って自分を納得させようとしても、どうもひっかかるんです。

本社に対策本部はないの!?
情報共有すべき “見える化” はやっていないの?
私は異次元から来たお客様?

はじめに、営業部長から、工場に頑張ってもらって予想以上の売上を上げることが出来たよ!って、3月末までの受注・売上データを提示してもらいました。

これまでは、いままでやってきたこと(製品出荷)と、金額が全然結びついていなかったので、資料を見て初めて、当初の売上見通しから、相当な金額が少なかった実態を認識し、申し訳なく、逆にそれでいて、納期遅れ等が生じても、キャンセルになることも少なく、受注残が、その分増え、お客様が、工場が生産再開し製品を出荷するまで待って頂いている状況を知り、悔し涙と感謝の涙を、止めることが出来ませんでした。

社長、常務と打ち合わせを行い、最後に本社全員を対象に毅然とした挨拶を行うつもりが、涙の挨拶になってしまい、その後、Y氏と工場に向かうのでした。

本社に来て良かったんだろうか?

何か不思議な感覚で、更に、その日はポカポカ陽気で熱い位・・・。
厳寒だった大震災から3週間しか立っていない状況で、工場と本社のギャップを感じながら、異次元の世界へ戻っていくのでした。

Y氏には、 『移動中、熟睡するからな~!』 って言ったものの、相変わらず熟睡できず、途中、仙台で “避難用炊飯ジャー” を購入し工場に戻りました。

人の習慣というものは面白いもので、その日、停電復旧は認知していても、工場玄関に入る際、自動ドアを手で開けようとした瞬間に、自動で開いてビックリするのでした。

生産再開へ(3) 電気と水道の復旧 につづく

スポンサードリンク

関連記事

no image

3月16日の行動(2) 生死の境

家庭・生活面においても、この日はターニングポイントでした。 私にある決意をさせることになるので

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(9) お元気ですか?-1

お父さん、お母さん、より子お姉ちゃん お元気ですか? そちらの様子はどんな感じなのでしょうか?

記事を読む

さいごに(2) 帰宅許可について

今回、奇跡的に工場社員の犠牲者はいませんでしたが、大震災・大津波警報発令の直後の帰宅許可は、工場責任

記事を読む

no image

3月12日の行動(6) 震災翌日の夜

常務への連絡終了後は、仕事モードから家庭モードへの切替です。 子供たち、妹たちからのメールを受

記事を読む

no image

3月15日の行動(2) 戦場の中の様な

自宅付近を確認後、次に目指したのは気仙沼市内にある病院です。 国道45号線に平行する山沿いの農道を

記事を読む

no image

3月11日の出来事(3) 津波の映像と携帯不通

とにかく、連絡がつかない、状況がつかめない。 そのような中での私の行動は、駐車場から自分の車を

記事を読む

no image

3月16日の行動(1) 製品初出荷!

3/16(水)の朝になりました。 この日は、いろいろな事があり、いろいろな事を行いました。 震災

記事を読む

no image

生産再開へ(7) 体制の変化

プロジェクト・分科会の体制・メンバーは生産再開・災害復旧の内外的な変動に伴い、刻々と変化していきまし

記事を読む

no image

3/17~31の活動(3) 情報通信

17日からの本格的な4トントラックでの製品出荷を開始すると、本社側との頻繁な情報通信のやりとりが必要

記事を読む

家族からのメッセージ(2) 強くなる

東日本大震災から、1年が経とうとしています。 現在、気仙沼を離れて生活しているためか、いまだに

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑