*

家族からのメッセージ(6) 見守っていてね

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 家族からのメッセージ, 東日本大震災体験談

3.11
絶対に忘れることのない日です。

私が20年間生きた中でこんな悔しい思いをしたのは初めてです。
うまく言葉に出来ないけど、今でもあの感覚は忘れられません。
いまだに受け止められないし、信じたくない事実です。

私が生まれてから毎年 気仙沼で新年を迎え、おばぁちゃんとより子ママの作ったずんだ餅と、おじぃちゃんがさばいてくれる新鮮なマグロが大好きでした。

夏には水着で海に行き、帰ってきてまた水遊び。
おじぃちゃんの採った真っ黄色で甘いトウモロコシ。
そこにはいつもみんなの笑顔。

だんだん私が大きくなって、なかなか気仙沼に帰れない時期が続いても、行けばいつも暖かく『おかえり~』と迎えてくれました。

どうしてこんな幸せを奪うの!?
誰が想像したでしょう。

震災当日は電気もなく、ただただ星が綺麗で・・・悲しいくらい綺麗で・・・涙が出ました。

きっとみんなの気持ちが1つになったんだな・・・って。

今はもう・・・戻ることはないけど、これから私が出来ることは1つだと思います。
目の前のことに立ち向かい、精一杯やることです。
それがどんなに小さなことでも、ツライことでも。

私たち家族はずっと繋がっているから・・・

おじぃちゃん、おばぁちゃん、より子ママ、ずっと見守って居て下さい。

 編集後記

妹(長女)の一番上の娘は、私の娘の一つ上でしたので、子供の頃の盆正月は、歳が近いいとこ同志、姉妹のように遊んでいました。

年頃の思春期になると、実家に帰ってくる回数が減ってきて、来るたびに変貌していく姪に、叔父(私)は、
『おぅ!ギャル来たな!?なんじゃ!その格好?』
って、からかっていました。

思春期の反抗期は、母(妹)との衝突もあったらしいです。

しかし、震災後に結婚し、子供(長男)を出産し、親となって育児に悪戦苦闘しながらも、先輩の母(妹)を慕って、大切な家庭を築いてるようです。

姪としても辛い思いをしましたが、私の家族や、妹家族の存在を常に意識し、それ以上の家族になってもらいたいものです。

家族からのメッセージ(7) 一生忘れないよ につづく

スポンサードリンク

関連記事

no image

3月15日の行動(4) お裾分け

遺体安置所から工場に戻り、義姉連中は実家に始めに帰り、夕方近くに、K次長、Y氏の弟と一緒に、実家に向

記事を読む

no image

3月11日の出来事(4) 携帯電話と電気

時間が経つにつれ、周りが暗くなってきている中で、携帯電話がつながらない新たな問題に直面してきたのです

記事を読む

no image

生産再開へ(6) 常務が大余震を・・・

本格的に生産が再開される見通しになった4月7日、震災以降、本社経営陣として、初めて常務が工場に入りま

記事を読む

no image

支援物資(1) 感謝と感激

3月19日の朝に、それまでの支援物資の量とは比較にもならない、沢山の支援物資を、日本全国のみならず、

記事を読む

no image

3月13日の行動(2) 軽自動車の借用

ガソリンが手に入らない状況で、いかに連絡ができるところまで移動し、本社や親戚に連絡をつけるか!?

記事を読む

no image

生産再開へ(3) 電気と水道の復旧

3月は年度末対応として、工場は製品在庫品の出荷、及び、可能な範囲での製品及びパーツの組立に注力してい

記事を読む

no image

私の家族(1) 父の発見情報

当分の間、私の家族のことについて、お付き合いください。 私の家族は、父、母、妻(より子)、長男

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(5) 家族のつながり

目を閉じれば そこには懐かしい故郷の景色、幼い頃の楽しかった思い出。 そして優しかった父、母、

記事を読む

さいごに(2) 帰宅許可について

今回、奇跡的に工場社員の犠牲者はいませんでしたが、大震災・大津波警報発令の直後の帰宅許可は、工場責任

記事を読む

no image

私の家族(8) 母と次女

死亡確認した当日(4/3)に市役所に死亡届を提出し、4/15に女房と同じ千厩での火葬と決まりました。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑