*

3月11日の出来事(5) 唯一の情報入手源

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 3月11日の出来事, 東日本大震災体験談

もう少し、通信不能の状況についてお付き合いください。

震災後、数日間の唯一の情報入手源はラジオしかありませんでした。

radio.svg.med

その間、被災地とそれ以外の方々の心境は正反対だったと察します。

被災地以外の方々は被災地の家族や知人などの安否を確認したくとも確認出来ない。
あらゆる方法で安否確認をしようと努力していたと思います。
何度も携帯電話で通話を試みたり、メールを送信したり、更にはラジオを活用しての安否確認等・・・・。

ラジオにて、
「**さん心配しています。**まで連絡ください」とか、
「伝言板に入れてください」とか、
なぜ、連絡くれないのか!?もしかして!?
とかの不安な心境が続いたのではないでしょうか?

被災地側は逆に、ラジオの一方的な安否確認の番組に対し、

「連絡したくても、(圏外のままで)連絡できないんだよ!!」

って、逆に苛立っていたことを覚えています。

地震以上に大津波にてライフラインが壊滅状態であることを知った被災地の人達は、被災地内の安否確認は、自分の足で、自分の耳と目で確認するしかない。
と認識するまでに多くの時間は必要ではありませんでした。

さて、震災地域の工場周辺に限って、大手携帯電話会社の復旧スピードについての私個人的な評価です。
被災地域や個人によっては評価結果は違うと思いますので参考程度に受け取って頂ければと思います。

A社→震災直後、正直、B社に変えようか!と思った位、頼りなかったです。
しかし、その後、ものすごい復旧スピードで特に品質面(電波の強さ)で挽回してきて、私の気持ちが治まりました。

B社→初期は非常に早い対応でした。
移動中継局の設置(気仙沼市街)情報も一番早く、工場近辺で電波は非常に弱いも一番早く開通できた携帯電話会社でした。

C社→論外です。当分の間、携帯電話がおもちゃ状態だった様です。

3月11日の出来事(6) 避難場所での一夜 につづく

編集後記

携帯電話会社は震災を教訓に、各社さまざまな対策を切磋琢磨しながら対応してきていますので、現在は当時と相当変わってきているのではないかと思います。

TVやインターネット接続など、さまざまな機能が携帯電話について、震災時には、停電で固定電話やテレビなどの情報通信網が途絶えても、携帯電話が有効活用できるはずでしたが、中継局からの電波が届かない状況下は、おもちゃでしかありませんでした。

また、電波が改善されたとしても、停電によって携帯電話に充電ができない状況では役に立ちません。
コンセント以外から携帯電話に充電させるツール(例えば電池や太陽光からの充電)も是非、準備しておくべきですね!

スポンサードリンク

関連記事

no image

生産再開へ(7) 体制の変化

プロジェクト・分科会の体制・メンバーは生産再開・災害復旧の内外的な変動に伴い、刻々と変化していきまし

記事を読む

no image

震災から4年になるね

じいちゃん(親父)、ばあちゃん(お袋)、ママ(女房)、そっちはどうですか? ケンカしないで、安らか

記事を読む

no image

3/17~31の活動(1) 協力体制

これからは日付毎ではなく、分野毎に発信していきます。 3/17(木)、この日から地元の運送業者

記事を読む

no image

3月11日の出来事(2) 帰せコール

「こんな状況で仕事は出来ない」「家族が心配だ」「大津波警報が発令した」等の意見があいつぎ、 “

記事を読む

no image

3月13日の行動(2) 軽自動車の借用

ガソリンが手に入らない状況で、いかに連絡ができるところまで移動し、本社や親戚に連絡をつけるか!?

記事を読む

no image

支援物資(6) タイミングと目的

“他の人だけでなく被災者も考えつかない、でも被災者には必要なもの” “提供するタイミングで支援

記事を読む

no image

生産再開へ(2) 本社出張

今になると、翌日(4/1)、どのようなルートでビジネスホテルから本社まで行ったのか記憶が曖昧ですが、

記事を読む

no image

3月15日の行動(3) 行方不明届

市内の病院から地元の気仙沼階上に戻り、どういう結果であれ、早く発見してあげることに優先すべき、との義

記事を読む

no image

3月14日の行動(1) 地震だけだったら・・

14日の朝(月)になりました。 K次長と “借用した燃費のよい軽自動車” にて工場を出て、実家

記事を読む

no image

3月14日の行動(3) 情報基地

千厩(岩手県一関市)での買い物を終え、工場に戻ると、既に、海外工場出向組、気仙沼出身組が2台の車で無

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑