*

3月11日の出来事(2) 帰せコール

公開日: : 最終更新日:2014/11/28 3月11日の出来事, 東日本大震災体験談

「こんな状況で仕事は出来ない」「家族が心配だ」「大津波警報が発令した」等の意見があいつぎ、

“帰せコール”

になったのです。

確かに、大震災以降は停電したままですので仕事は出来る状況ではありませんでした。

しかし、すぐに帰して良いのかどうかの判断は悩みました。
私たち、地元の人達は、

大きな地震=津波

の連想は、これまでの伝承・教育、経験からは容易に出来ます。

私としては、津波襲来に対し安全なこの工場から出ることは、非常に危険だと思っていましたが、“家族を思う帰せコール”を押さえられることは出来ず、短期に決断した結果は、

“帰っても良いが以降は自己責任・判断にて”

という様な言葉だったと記憶しています。
更に、国道を通ることは危険だぞ!まで言った記憶があります。

この時点で、正直、私には“家族が心配、帰らなければ”とかの考えはなく、とにかく、“現状を把握し本社に連絡しなければ!”しか考えつきませんでした。

更に言えば、津波の連想は出来たとしても、まさか、我が家が流出する様な大きさの津波が襲来することは予想すら出来ませんでした。

「帰る際に総務に連絡してから帰る様に」との呼びかけも行った記憶がありますが、事態は深刻で状況が刻々と変わり、一度、国道に出かけた社員が、津波に遭遇し戻ったり、その後、山道へ迂回して帰路にトライした社員がいるなど、結果的に誰が、いつ、帰路についたか?
把握すら出来ず、時間が経つにつれて、社員の数はどんどん減っていくのでした。

本社、家族に連絡が取れない。固定電話は停電につき不通、頼みの綱が携帯電話になるのですが、今回、携帯電話すら役に立たない状況を目の当たりにしたことはありません。

別途、記述しますが、携帯電話であれ、通信と電気の密接な関係を改めて実感した大震災でした。

3月11日の出来事(3) 津波の映像と携帯不通 に続く

編集後記

工場は沿岸から3km程、山間の中腹にあり、大津波が来ても安全な場所でした。

その工場から社員が帰宅する場合、沿岸部の方に下り、沿岸沿いの国道45号線を通行するのが一般的な通勤ルートでした。

従って、帰宅を許可したということは、津波に遭うリスクを高めたということになります。

スポンサードリンク

関連記事

no image

私の家族(5) 女房の死亡確認

以前に、女房の死亡確認において、情けない失態をさらすことになることに触れましたが、恥を忍んで発信しま

記事を読む

さいごに(3) 最終回、退職のご挨拶

とうとう最終回になりました。 3.5ヶ月もの間、お付き合い頂きありがとうございました。 大変

記事を読む

no image

生産再開へ(3) 電気と水道の復旧

3月は年度末対応として、工場は製品在庫品の出荷、及び、可能な範囲での製品及びパーツの組立に注力してい

記事を読む

no image

私の家族(10) 愛犬チーズ

M氏家族には愛犬 “R” がいて、一緒に避難生活をしていましたが、あまり他人にはなつかないらしい “

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(10) お元気ですか?-2

より子お姉ちゃん、膝の調子はどうですか? 無理をしていませんか? 愛犬チーズはおりこうさんにして

記事を読む

no image

3月15日の行動(3) 行方不明届

市内の病院から地元の気仙沼階上に戻り、どういう結果であれ、早く発見してあげることに優先すべき、との義

記事を読む

no image

3月16日の行動(2) 生死の境

家庭・生活面においても、この日はターニングポイントでした。 私にある決意をさせることになるので

記事を読む

no image

3月14日の行動(4) 当たり前の生活

千厩(岩手県一関市)の宿の情報基地から、K次長と帰路に着く頃には暗くなり、実家経由にて帰るのですが、

記事を読む

no image

3月15日の行動(4) お裾分け

遺体安置所から工場に戻り、義姉連中は実家に始めに帰り、夕方近くに、K次長、Y氏の弟と一緒に、実家に向

記事を読む

no image

3/17~31の活動(1) 協力体制

これからは日付毎ではなく、分野毎に発信していきます。 3/17(木)、この日から地元の運送業者

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑