*

3月14日の行動(1) 地震だけだったら・・

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 3月13,14日の行動, 東日本大震災体験談

14日の朝(月)になりました。

K次長と “借用した燃費のよい軽自動車” にて工場を出て、実家に寄ってから千厩町(一関市)を目指しました。

会社から女房の実家まで約20km強、更に千厩まで15km強ありますから、会社から片道約35km離れている場所に移動して連絡を取ろうとしたのです。

『この辺は普段と変わらないな~』
と言いながら千厩に着いて、ビックリしたのは、信号機が正常に作動していたのです。

え!千厩は停電復帰した!?

そうか、津波を受けた被災地は電柱が倒壊、電線が断線しているので復旧見通しが立たないが、電柱が地震で傾こうが、電線がつながってさえいれば、停電復旧が早いのか!?
改めて、地震だけだったら被害は限定的で、津波の影響が甚大だったことを痛感する事象だったのです。

あ!アンテナが立った!
弱い、不安定だ!
高台だ!
千厩病院だ!

てな感じで高台にある県立千厩病院を目指し、安定して通話出来る状況を確認し、次長と手分けして、本社への連絡、親戚・家族への連絡を行うのでした。

後で考えれば、被災地では曜日感覚がなく、本社に報告した際、本社では、大震災以降、当番で土日に情報収集しようと試みたらしいですが、宮城とほとんど連絡がとれず、この日が月曜日で本社業務が正常開始した日であり、ちょうど、幹部の方々が対応策の会議中だった様です。

記憶が薄いのですが、
1)停電復旧には2,3ヶ月はかかると思う。
2)水道復旧の見通しもない。(津波の影響を受けている)
3)D社さんにお願いし、製品の運送開始するにもトラックの燃料(軽油)が確保できないので本社で確保してもらいたい。
4)ガソリンが手に入らない、ここまで来れば連絡が取れるが、いつまで来られるか分からない。
5)夕方、またここに来るので、それまで検討、指示事項等をまとめておいてもらいたい。
このようなやりとりだったと思います。

報告、連絡を果たした後の、次の目的は避難時の物資購入です。

千厩でもガソリン、物品の購入は困難な様で、ガソリンスタンド周辺道路には車の列が、大きいスーパーやホームセンターには、いつ開店するかどうかも分からないのに人の列が・・・・。

緊急時の避難物資の買い方、避難物資として重宝した物を次回で紹介します。

3月14日の行動(2) 避難物資の買物教訓 につづく

スポンサードリンク

関連記事

no image

生産再開へ(4) 工業用水と通勤

沢水の摂取場所(水量との関係)と水質の関係を調査し、加工工程の工業用水として使用することができるか?

記事を読む

no image

生産再開へ(5) プロジェクト体制

4/4(月)、大震災以降、初めて工場全社員を対象とした出社がスタートしました。 まず、全体の朝

記事を読む

no image

私の家族(3) 父の死亡届

K次長と気仙沼市役所に到着した時は、既に暗くなってきて、当時、市役所も停電状態で、発電機による電気供

記事を読む

no image

生産再開へ(6) 常務が大余震を・・・

本格的に生産が再開される見通しになった4月7日、震災以降、本社経営陣として、初めて常務が工場に入りま

記事を読む

no image

私の家族(4) 父の火葬

翌日(3/19)は土曜日ですが、約20名の社員のご協力にて製品出荷を行った日です。 私の方は、

記事を読む

no image

3月11日の出来事(4) 携帯電話と電気

時間が経つにつれ、周りが暗くなってきている中で、携帯電話がつながらない新たな問題に直面してきたのです

記事を読む

no image

3/17~31の活動(1) 協力体制

これからは日付毎ではなく、分野毎に発信していきます。 3/17(木)、この日から地元の運送業者

記事を読む

no image

3月14日の行動(2) 避難物資の買物教訓

千厩町(一関市)の郊外の大手スーパーやホームセンターに開店待ちで並んでいる状況を無視し、私達は、どの

記事を読む

no image

私の家族(7) 母の死亡確認

最後に発見された母の時まで、何体の遺体の顔写真をみたことか・・・。 きれいなままの顔もあれば、

記事を読む

no image

家族からのメッセージ(5) 家族のつながり

目を閉じれば そこには懐かしい故郷の景色、幼い頃の楽しかった思い出。 そして優しかった父、母、

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑