*

3/17~31の活動(2) 対策本部

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 3月17~31の活動, 東日本大震災体験談

工場2階の応接室、会議室は対策本部として、煩雑な部屋に変化していきました。

白板を4つ準備し、連絡事項や指示事項、製品出荷スケジュールを見える化し、また、翌日の部材出庫、組立や出荷の協力予定者、車の乗り合わせ等にも活用しました。

とにかく、メールや電話での情報共有ツールがない、協力社員も日々変わる状況から、対策本部の白板、ドア、壁などをフル活用し、協力社員への情報共有手段とするしかなかったのです。

出入口のドアには、社員の安否リストを掲示し、社員、その家族の安否、家屋の損壊状況、ライフラインの復旧状況、携帯の連絡先を掲示し、本人や社員間で分かる人の情報を赤ペンで更新してもらい、データ更新しては、また最新リストを貼り出し、赤ペンでの更新を繰り返していきました。

当初は安否確認が主目的でしたが、時間が経つにつれて、社員の安否の見通しがたってくると、次は年度末の対応や、ライフライン復旧を前提とした、生産再開に向けて、会社に出勤出来るか否かの確認になっていきました。
◎ 自力で通勤可
◯ 近場社員で足が確保(ガソリン、乗り合わせ等)できれば通勤可
△ 遠距離社員につき、当面、通勤不可
❏ 避難所生活などにより時間等の制約があっての通勤可
✕ 出勤不可
みたいな感じで識別していったのです。

余震が続く中、緊急事態をも想定し、その部屋にはあらゆる物が入ってきました。
ラジオ、ロウソク、電池、懐中電灯、ストーブ、ポット、コーヒー、紙コップ、メモ紙、ガムテープ、マジック、寝具・寝袋などなど・・・・。
ほとんどがアナログ的な物です。
電気がない頃は、パソコン、プリンター、テレビなど高機能な物はほとんど役立たずでした。

奥側の会議室は夕方からは、M氏家族と私の避難生活者の憩いの場となります。
アコーディオンカーテンを閉め、部屋を小さくして暖めやすくし、晩酌、夕食、朝食の場になるのです。
本社などから支援スタッフが来た場合には、その部屋が宿泊場所にもなりました。

M氏家族との避難生活は、私にとって非常に助かりました。
朝晩のメシの心配しなくても良いのです。
また、お母さんも呑む口だったので、一緒に晩酌して、被災者同士、相談し合ったりして、これから、いかに前向きに生きていくか!?
など、気持ちが少しずつ変化するきっかけにもなりました。

3/17~31の活動(3) 情報通信  につづく

スポンサードリンク

関連記事

no image

3月14日の行動(1) 地震だけだったら・・

14日の朝(月)になりました。 K次長と “借用した燃費のよい軽自動車” にて工場を出て、実家

記事を読む

家族からのメッセージ(3) 私のこころ-1

3月の震災から1年が経とうとしています。 この1年、あっという間に過ぎて行った気がします。

記事を読む

no image

3月15日の行動(2) 戦場の中の様な

自宅付近を確認後、次に目指したのは気仙沼市内にある病院です。 国道45号線に平行する山沿いの農道を

記事を読む

no image

3月11日の出来事(3) 津波の映像と携帯不通

とにかく、連絡がつかない、状況がつかめない。 そのような中での私の行動は、駐車場から自分の車を

記事を読む

家族からのメッセージ(2) 強くなる

東日本大震災から、1年が経とうとしています。 現在、気仙沼を離れて生活しているためか、いまだに

記事を読む

no image

3月14日の行動(4) 当たり前の生活

千厩(岩手県一関市)の宿の情報基地から、K次長と帰路に着く頃には暗くなり、実家経由にて帰るのですが、

記事を読む

家族からのメッセージ(1) 

『追想』を自費製作するにあたり、残された家族からのメッセージを添えることにしました。 追想は一

記事を読む

no image

3月11日の出来事(6) 避難場所での一夜

3月11日に戻ります。 暗くなり、小雪が舞うきびしい寒さ、断続的に余震が続く中、当工場の非難場

記事を読む

no image

3月12日の行動(3) 震災翌日、自宅へ・・・

自分の目で確かめるしかない! 車でどこまで行けるか分からなかったし、避難所の中学校から自宅まで

記事を読む

no image

私の家族(2) 父の死亡確認

翌日(3/18)の午後、K次長にも立ち会ってもらい、父の死亡確認を行うことになりました。 初め

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

no image
時間をかけてはいけない罹災証明書

元旦に発生した能登半島地震の被災者のために、震災を体験し、被災者(自宅

no image
時間が解決してくれる(再建)

元旦に発生した能登半島地震の災害ニュースを見る度に、東日本大震災時の状

no image
時間でしか解決しないことがある(避難・仮設住宅)

元旦に発生した能登半島地震の災害ニュースを見る度に心が痛みますが、13

no image
時間でしか解決しないことがある(こころ)

東日本大震災から13年が経とうとしています。 震災から5年後には

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

→もっと見る

PAGE TOP ↑