*

お金の話 タンス預金は絶対厳禁!

公開日: : お金の話, 防災・減災提言

自然災害のリスクが高まっている中で、お金の運用は非常に重要になってきます。

その中で、タンス預金は絶対に止めるべき です。

大震災に遭ってしまうと、一刻を争い人命を守ることが最優先になり、住居やその中の家財などを持ち出すことは非常に困難になります。
従って、最悪、住居などの家財は全て失うリスクが高いことを認識しておく必要があります。
その中に現金を保管していたとすると、震災後の復旧・再建に必要なお金をも失う可能性が高いのです。

東日本大震災において、『◯百万円流されたらしい』『◯千万円流されたらしい』という話をよく聞きました。
逆に、がれき処理などで大金を手にした!というウワサ話も聞きました。

せっかく大事にタンスに保管していた現金が、災害に遭ってしまうと、単なる紙切れになってしまう可能性が高いのです。

津浪による流失だけではありません。
火災による焼失によりただの灰になってしまったケース。

災害によって失うだけではありません。
半壊などの住宅においては着の身着のまま避難している間に、空き巣に入られて盗まれるケースもあります。

東日本大震災において被災地は秩序を守り治安が良かった、と各国から絶賛されていました。
しかし、表には出ませんでしたが、実際には少なからず悪いヤツラは存在していました。
被災地で住民が避難した空家を狙った空き巣が多かった様です。

私も半壊した親戚の住宅付近で、それらしき人物を見かけたことがあります。
若くてボランティアを装っていましたが、一人行動で明らかに怪しいのです。
『大丈夫ですか?』なんて言いながら逃げるように去っていきました。

彼らには避難指示や勧告は関係ないのです。
目的のためなら手段は選びません。
何せ、津浪の恐怖や余震などで避難指示が出ているうちは、空家は保証されているようなもので、また、施錠などの戸締まりが不十分だったり、半壊などにより、容易に中に入れる状況は、空き巣狙いには絶好の餌食だったのです。

タンス預金を行うのは高齢者に多いと聞きました。
手続きが面倒?。
脱税の関係?。
金融機関の信用?
理由は分かりませんが、災害に遭ってしまったら、復旧・生活再建に先立つ物は『お金』ですから、災害のリスクの高い所に住んでいる家庭においては、家族での減災活動の中に『お金の管理』も真剣に話し合い、対処した方が良いと思います。

東日本大震災のように津浪に遭ってしまうリスクが高い地域にお住まいで、タンス貯金を金融機関に預けることが嫌な場合、万一に備えて、安全な所に土地を買っておくのも、一つの減災対策として提案しておきます。

なぜなら、津浪に遭った被災地においては、安全な土地が貴重になるからです。
そのような土地は高騰し、震災後には手に入れることが困難になり、震災以降は現金より減災対応として威力を発揮します。

スポンサードリンク

関連記事

no image

減災の準備 避難先の選択

前回は多くの被災者が体験した、学校の体育館や教室、行政施設の集会場や施設の通路など、普段、生活する様

記事を読む

活断層による直下型地震に対する認識の甘さ

体験談初回はこちらから 熊本・大分に続き、大阪で発生した直下型地震の被害の大きさについて、私は

記事を読む

no image

洪水・土砂災害から身を守る避難計画とハザードマップ

高齢者だけに任せられない避難計画前回、正常化バイアスについて触れましたが、洪水や土砂災害から身を守る

記事を読む

梅雨前線に伴う線状降水帯の恐ろしさとハザードマップ

台風より怖い梅雨前線に伴う線状降水帯!?単純に比較してはいけないのかも知れません。しかし、今回の九州

記事を読む

no image

減災の準備 趣味だって貴重な財産

大震災の減災に非常に役に立つ、『趣味』について、家庭菜園やアウトドアを提案させて頂きましたが、それ以

記事を読む

no image

減災の準備 土地の有効活用

お金持ちの人は、不動産(土地や別荘など)の確保は簡単だと思いますので、一般的な家庭において、減災に役

記事を読む

お金の話 津浪に地震保険が有効!?

大震災など自然災害に遭ってしまっても、最低限の減災として人命を守ることを再優先になりますが、次に大事

記事を読む

正常化バイアスと災害について

最近良く耳にする正常化バイアス最近、ニュースや情報番組で良く耳にする『正常化バイアス』東日本大震災の

記事を読む

no image

自然災害には防災より減災

東日本大震災で大ダメージを受けた私にとって、 自然災害には『防災』は通用せず『減災』の意識と準

記事を読む

no image

減災の準備 飲料水の備蓄について

人が生きていく上で必要不可欠な、飲料水の備蓄について考えてみたいと思います. 東日本大震災の時

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑