*

減災の準備 役に立つ趣味は?

公開日: : 最終更新日:2015/06/02 減災準備, 防災・減災提言

安全な所に土地を確保し有効活用にも関連し、大震災の減災に非常に役に立つ、『趣味』について提案したいと思います。

家庭菜園は非常食の補完に!

一つは『家庭菜園』ですね。
予想はできると思いますが、自給自足の状態を楽しみながら維持しておくということです。
その恩恵として、食材が確保できるだけでなく、料理の腕もあがりますよね!?(笑)

東日本大震災ではスーパー、コンビニなどの食品店も津波で流失したり、残った店にしても、ライフライン、物流の寸断によって、震災直後は閉店したまま、やっと、開店したと思ったら、時短での入店制限などによる長蛇の列が・・・。
やっと、支援物資や炊き出しの提供があっても、震災食後は、量にしても食材にしても、『みんなが生きる』というための物であるため、十分な食事は期待できません。

そのような時、被災も免れた知人たちに頂いた、野菜の料理の差し入れは、『こんな美味しい料理は久々!』と感動と感謝の気持ちで頂いたことを、今でも鮮明に覚えています。

自分たちだけの避難時の非常食にする、ということではなく、普段の趣味レベルの食材が、自分たちだけでなく、多くの被災者から喜ばれる、『補完食』として、差し入れすることができるということです。

被災者として、自分たちも支援物資の非常食や炊き出しを遠慮なく頂き、不足な栄養元の『補完食』として自分のため、周りの被災者のために有効活用しましょう!

アウトドアは避難生活の訓練に!

もう一つはアウトドア(キャンプなど)ですね!

自然災害のリスクの高い所に住んでいる人は是非、『趣味』にすべきです。
理由は簡単です。
防災グッツや緊急避難用セットなどの準備が重要!ということは被災経験者だけでなく、ずべての方が認識していると思います。
しかし、避難時の辛さを軽減させようとなると準備の量だって増えるし、その費用だって高額になっていきます。
人間って、いつ使うか分からない(もしかしたら使わないかもしれない)物にお金をかける事自体に『もったいない』の思いがありますよね?

そこで、アウトドアという楽しい趣味の中で使う道具を、防災グッツ、避難用セットに兼務させるのです。

キャンピングは外に出て、生活できる状況にするために、キャンプ生活のための物資を新たに準備することになりますから、それが、そのまま避難生活に活用できるのです。

楽しむための道具が緊急時には防災グッツになるのですから、正に一石二鳥です。

キャンピング生活=(緊急時の)避難生活の快適度は予算によって左右されますが、少しづつ揃え、少しずつバージョンアップしていけば良いと思います。

最初はテント生活でのバーベキューなどからスタートしても良いと思いますが、目指すところはキャンピングカーでの普通の生活に近い状態でのキャンプ生活ですね!

キャンピングカーといっても千差万別ありますが、電気(発電)、ガスコンロ、冷蔵庫、トイレ、シャワーなど、まるで小さな住宅といっても過言でない物が沢山ありますし、予算が厳しい時は、古くはなりますが中古車を探しても良いと思います。

ところで、非常食にも賞味期限があって、定期的に入れ替えしなければならないことはご承知だと思います。
定期的にキャンピングカーでのキャンプで、賞味期限が切れる前の非常食(乾パンなど)を、美味しく料理して、美味しいご馳走と一緒に賞味しては如何でしょうか?(笑)

アウトドアを趣味にすることは、楽しいキャンプが、そのまま避難生活の訓練になるわけです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

減災の準備 趣味だって貴重な財産

大震災の減災に非常に役に立つ、『趣味』について、家庭菜園やアウトドアを提案させて頂きましたが、それ以

記事を読む

no image

減災の準備 土地の有効活用

お金持ちの人は、不動産(土地や別荘など)の確保は簡単だと思いますので、一般的な家庭において、減災に役

記事を読む

no image

洪水・土砂災害から身を守る避難計画とハザードマップ

高齢者だけに任せられない避難計画前回、正常化バイアスについて触れましたが、洪水や土砂災害から身を守る

記事を読む

no image

お金の話 タンス預金は絶対厳禁!

自然災害のリスクが高まっている中で、お金の運用は非常に重要になってきます。 その中で、タンス預

記事を読む

no image

減災の準備 貴重な不動産

とにかく、大震災(特に大津波)に遭うと、被災地にとって、無事だった住宅や土地が貴重な財産になることを

記事を読む

no image

自然災害には防災より減災

東日本大震災で大ダメージを受けた私にとって、 自然災害には『防災』は通用せず『減災』の意識と準

記事を読む

お金の話 津浪に地震保険が有効!?

大震災など自然災害に遭ってしまっても、最低限の減災として人命を守ることを再優先になりますが、次に大事

記事を読む

活断層による直下型地震に対する認識の甘さ

体験談初回はこちらから 熊本・大分に続き、大阪で発生した直下型地震の被害の大きさについて、私は

記事を読む

梅雨前線に伴う線状降水帯の恐ろしさとハザードマップ

台風より怖い梅雨前線に伴う線状降水帯!?単純に比較してはいけないのかも知れません。しかし、今回の九州

記事を読む

緊急提言! 台風被害に思うこと

台風10号の被害梅雨入りし、これからゲリラ豪雨、線状降水帯、そして台風発生に伴う台風情報が増え、襲来

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑