*

自然災害には防災より減災

公開日: : 防災・減災提言

東日本大震災で大ダメージを受けた私にとって、

自然災害には『防災』は通用せず『減災』の意識と準備・行動が重要!!

というのが大きな教訓になりました。

自然災害において、
『我が家は大丈夫だろう』
『なんとかなるだろう』
は通用しないのです。
人間の経験(スパンが短い)の判断や造成物なんて、自然相手には子供だましのようなものです。

震災前であれば、『防災』という言葉に違和感はありませんでしたが、今では自然災害に対しは、『減災』をいかに真剣に考え、その準備と行動が取れるか!?
が重要ではないかと感じています。

しかし、実際に自然災害に遭った人でないと、ピンとこないのが自然災害の恐ろしさなんですよね。

私だって、阪神・淡路大震災では他人事でしたから・・・。

『この場所には海がないから津浪は関係ない』
『この場所には山がないから土砂崩れや土石流は関係ない』
『この場所には川がないから洪水や浸水は関係ない』
『この場所には(海、山、川)があるけど我が家は大丈夫だろう』

このような感じではないですかね?

確かに住んでいる地域によって、自然災害に遭うリスクの度合は差があります。
しかし、自然災害に我が家は絶対に遭わない、なんて考えは捨てた方が良いです。

最近の自然環境の変化(温暖化など)によって、日本全国どこでも自然災害に遭う可能性は高まりつつあります。
異常な位の大型台風の出現と、どこを通ってもおかしくない日本の位置
最近、どこで発生してもおかしくない竜巻
日本の地底に至る所にあるプレートに伴う地震
活動が活発になり何処で噴火してもおかしくない活火山

リスクの高低はあるにしても、日本の何処に住んでいたとしても自然災害に遭う可能性は否定できず、万一、遭ってしまったら、住居だけでなく、人命をも危険にさらされることを念頭に置くべきです。

そして、自然災害に対し、動かすことが出来ない住居などが壊滅する可能性があることを念頭に、最低限の減災として、人命を守ること、そして、遭ってしまった後の避難生活や生活再建のための準備を考え、行動に移すことが重要です。

東日本大震災において、住宅だけならともかく、家族まで失った被災者遺族として、経験・教訓から、防災・減災に役立つ情報を、ご興味のある方々に提言していきたいと思っています。

 

スポンサードリンク

関連記事

no image

減災の準備 趣味だって貴重な財産

大震災の減災に非常に役に立つ、『趣味』について、家庭菜園やアウトドアを提案させて頂きましたが、それ以

記事を読む

減災の準備 役に立つ趣味は?

安全な所に土地を確保し有効活用にも関連し、大震災の減災に非常に役に立つ、『趣味』について提案したいと

記事を読む

梅雨前線に伴う線状降水帯の恐ろしさとハザードマップ

台風より怖い梅雨前線に伴う線状降水帯!?単純に比較してはいけないのかも知れません。しかし、今回の九州

記事を読む

no image

減災の準備 土地の有効活用

お金持ちの人は、不動産(土地や別荘など)の確保は簡単だと思いますので、一般的な家庭において、減災に役

記事を読む

活断層による直下型地震に対する認識の甘さ

体験談初回はこちらから 熊本・大分に続き、大阪で発生した直下型地震の被害の大きさについて、私は

記事を読む

お金の話 津浪に地震保険が有効!?

大震災など自然災害に遭ってしまっても、最低限の減災として人命を守ることを再優先になりますが、次に大事

記事を読む

正常化バイアスと災害について

最近良く耳にする正常化バイアス最近、ニュースや情報番組で良く耳にする『正常化バイアス』東日本大震災の

記事を読む

no image

減災の準備 飲料水の備蓄について

人が生きていく上で必要不可欠な、飲料水の備蓄について考えてみたいと思います. 東日本大震災の時

記事を読む

no image

お金の話 タンス預金は絶対厳禁!

自然災害のリスクが高まっている中で、お金の運用は非常に重要になってきます。 その中で、タンス預

記事を読む

no image

減災の準備 貴重な不動産

とにかく、大震災(特に大津波)に遭うと、被災地にとって、無事だった住宅や土地が貴重な財産になることを

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日常と節目と語り部

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(2)

東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、前回に引き続き、私が

震災遺構での語り部活動(1)

東日本大震災から10年経過しようとしています。 これまでブログの

景勝地 岩井崎の復旧・復興

やっと観光地の復旧・復興へ   未曾有の災害からの復

私の家族(震災から7年)

東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑